宮原駅そばの学習塾、自立学習RED

塾長のひとりごとです。

中学1年生の保護者様へ


f:id:miyahara04:20210923165117j:image

 


こんにちは。


さて、お兄さま、お姉さまがいらっしゃる方はご存知かと思いますが、中学1年生の1学期から2学期にかけて、多くの学校の定期テストの平均点が80点前後から60点前後まで下がります。

 

これは、学期が進むにつれて、特に数学と英語が急に難しくなるためです。


そのため、毎年この時期になりますと、「頑張っているのに点数が上がらない」と生徒さんが悩んでおられる姿をお見受けいたします。


本当は「結果を出している」生徒さんが、自分の成績が下がっていると誤解して、やる気を失ってしまうのは、非常に残念です。


そこで、保護者におかれましては、学校内での順位や平均点をよく見ていただき、(点数が下がっていたとしても)順位が上がっていたり、良い順位を維持できていれば評価して上げてください。


「英語と数学は急に難しくなるから、がんばってね。」と声掛け下さい。

 

定期テストでは、点数が下がっても順位は上がっているケースは成績アップと考えています。

 

特に英語は1学期は小学校の復習が中心でした。

 

90点→90点→60点→50点→

 

と、下がってしまう生徒さんも多いです。

 

平均点より何点差があるのか、必ずご確認ください。