宮原駅そばの学習塾、自立学習RED

塾長のひとりごとです。

夏休み中の学習について(前編)


f:id:miyahara04:20210726163733j:image

 


こんにちは。

 

今日は受験生がこの夏休みにやって欲しい学習について書きたいと思います。

 

これは埼玉県の中学生向けですが参考にして下さい。

 

まず、前編では学校選択問題を受験する偏差値60以上の生徒さん向けです。

 

あなたが偏差値65だったとします。

 

基礎はかなり出来ているはずです。

 

また、学習塾では受験対策として1年からの復習をしていることでしょう。

 

よって自宅では予習を中心に組み立てます。

 

なぜなら、なるべく早い時期から良質の過去問を解きたいからです。

 

英語

埼玉県の学校選択問題の英語は難しいです。まずは中学校の文法を仕上げましょう。関係代名詞さえ仕上げればそれほど新しい文法はありません。あとは長文読解をひたすら解きます。単語はその中で増やしていきましょう。

 

数学

埼玉県の平面図形(オリガミ)は難しすぎます。また、今後は二次関数と空間図形が重要となります。二次方程式、二次関数、円周角、ピタゴラスの定理は必ず夏休みに予習で終わらせます。特に重要なのは二次関数のグラフにおける図形的なアプローチです。

 

国語

過去問演習を繰り返します。古文と文法は最低限の知識は確認します。あとは条件作文は添削してもらうのをおすすめします。

 

社会

公民は11月までに仕上げれば大丈夫です。地理と歴史はほぼ終わっているはずなので、過去問演習に入ります。

 

理科

力学的エネルギーと天体は必ず一通り終わらせましょう。特に去年入試範囲から除外された天体は超重要単元です。

 

塾で復習をやらない場合は学習時間の半分は復習にあてます。

 

高校受験では全国の過去問が最高の問題集です。とにかく早めに過去問演習に入れるように頑張りましょう。