宮原駅そばの学習塾、自立学習RED

塾長のひとりごとです。

さすがにそれはどうかと?


f:id:miyahara04:20210704032801j:image
本日は見学させていただいた塾でのお話。

 

数年前、近隣の県の自立学習塾を見学させていただきました。

 

その際の授業でのお話です。

 

その先生が授業中に生徒さんに、

 

「ブ○」「バ○」

 

とか気安く言っているんですね。

 

もちろん、生徒さんが嫌な顔をしているわけではないので、信頼関係の上でのことだと思います。

 

しかしですね。

 

私はその塾長も生徒さんも初対面なんですね。

 

そこで、その言葉を授業中に頻繁に言うんです。

 

これはどう見てもおかしくないですか?

 

また、こんな事もありました。

 

昨年の3月に、コロナの影響で世の中が自制している中、その塾長は合格パーティーの写真をツイッターにアップしていました。

 

100歩譲って、パーティーは生徒さんのために開くのは許せます。

 

しかし、マスクもしないで食事をしている写真をわざわざSNSにアップする必要はありません。

 

個人塾の経営者は誰からも指図されませんし、生徒さんも保護者さんも「先生」と言って頂けます。

 

しかし、私達は偉くもありませんし、厳密には「先生」でもありません。

 

お金を頂いて勉強を教えている「便利屋さん」に過ぎないのです。

 

上記の塾長さんは大先輩のベテランの先生です。

 

教室見学のお礼のメールはしましたが、それで終わりにしました。

 

「初心忘るべからず。」

 

私も言動には気を付けます。